誰に相談したらいい?

後遺障害の等級認定は、医学的な証明、事実認定の判断が必要不可欠であり、そのためには、「法律知識」よりも「医学的な事実証明にかかる専門的知識と実務経験」が問われてくることになります。詳しくはコチラ

 

交通事故被害者の貴方が現在の状況を客観的に把握し、痛みや痺れなどの神経症や、可動域制限など後遺障症が残りそうな場合は後遺障害専門の行政書士に相談し、等級認定後に弁護士に賠償交渉を依頼する形が得策といえそうです。

最近の動向として、実務経験を有し、それなりの実績を持つ後遺障害認定の専門家としての行政書士は、交通事故を専門とする弁護士の先生への顔つながりもある事が多く、後遺障害認定後は、示談交渉や訴訟を得意とする弁護士の先生を紹介するなど、1つめの山は行政書士で請け負い、2つめの山は弁護士に、とそれぞれの専門・得意分野に応じた分業に徹する傾向が全国的に見られています。 

それぞれの専門に特化する行政書士・弁護士を探してそれぞれの山を切り抜けることは、不遇にも交通事故に遭遇し、後遺障害に悩み苦しむ被害者の多くの不安や悲しみを軽減し、明るく前向きに一歩踏み出す原動力になると考えます。

 

ただ、気をつけなければならないことは、交通事故の実務知識が乏しくても、専門家と名乗る「自称専門家」もたまに存在しています。

後遺障害の等級認定に関しては、「自称専門家」と「専門家」の実力は、雲泥の差となり、その認定等級により、大きく損害賠償額が異なってくるため、注意を要します。

そこで、この当センターは「自称専門家」ではなく、本人と直接お話させて頂き、実務知識、人柄についても「専門家」としてご推薦できる行政書士を選出しながら、随時紹介させて頂いています。

 

 1人でも多くの交通事故被害者の方が、良心ある専門家とのご縁により、明るく前向きに一歩踏み出していけますことを心から願ってやみません。

 

▲このページのトップに戻る